【睡眠博士ブロブ】夜から朝までぐっすり眠る新常識な方法

MENU

あたなの睡眠は大丈夫ですか?

あなたが解消したい不安とは?

  • 朝までぐっすり眠る事ができない
  • 朝が来ちゃう、明日も仕事なのに眠れない
  • 朝がくるのがプレッシャーに感じて、なかなかぐっすりできない
  • 休息したつもりが、朝スッキリしない
  • 眠りが浅く、全く寝た気がしない
  • パソコン、スマホをついつい見すぎて、最近、ゆっくり休めていない

 

…数々の悩みや不安をお持ちだと思いますが、大丈夫です!

 

寝たいときに眠る事ができない。仕事中なのに眠いのが我慢できない。

 

睡眠に関する情報を集めた当サイトでは、睡眠に関する悩みを消し去るように徹底的に調べました。
毎日が、朝までぐっすり眠る事が出来る方法を紹介しています。

 

睡眠サイクルが上手に行くようになると、身体も心の調子も良くなります。
なぜかやる気がなくなってしまうなど原因不明の事も解決する事が出来ます。

 

睡眠で悩み始めたのなら今日からぐっすり眠る事ができるよう方法を伝授します。

 

また、大きく分けて睡眠には2つの悩みがあります。

  • 布団に入ってから寝るまでに時間がかかってしまい入眠できない
  • 寝る事が出来ても眠りが浅く寝た気がしくなくて睡眠の質が悪い

つまり、「入眠で悩んでいるのか?」、「睡眠の質が悪い事で悩んでいるのか?」です。

スムーズに入眠する事ができません

布団に入ってから寝るまでに時間がかかって眠る事が出来ません。

入眠するまでに時間がかかる人は、生活習慣が悪いせいで、必須アミノ酸が低下している可能性が高いです。
アミノ酸が減ると睡眠成分であるトリプトファンが減って、その作用が弱くなってしまいます。

 

当サイトでは、必須アミノ酸をバランスよく摂れる潤睡ハーブが一押しです。

 

▼潤睡ハーブ 公式サイトはこちら▼

潤睡ハーブ

潤睡ハーブとは?

水素サプリの中でも唯一の水素濃度が2.4ppmと非常に高いです。

水素の抗酸化作用だけでなくビタミンCとビタミンEの還元力を持っています。
また、11種類のビタミンをバランス良く配合しているので過剰摂取とならないように工夫がされている商品です。
初回限定で50%OFFで購入できるのもいいですね。

 

更に詳しくはこちら⇒潤睡ハーブ 公式サイトはこちら

アミノ酸と睡眠の関係とは?

アミノ酸には、必須アミノ酸と非必須アミノ酸があります。
必須アミノ酸は9種類存在していて体内で生成する事は出来ません。

 

その中でも睡眠に欠かせないのが、トリプトファンです。
トリプトファンは、スムーズに入眠するためには大切な必須アミノ酸です。

 

アミノ酸の効果が半減する

 

だったら、トリプトファンだけを摂取したらいいのでは?と思いますがそうではありません。
必須アミノ酸はどれか一つでも欠けると、働きが半減してしまいます。

 

メラトニンが眠くなるホルモン

メラトニンが働く事によって、人間は眠くなります。
このメラトニンを分泌するには、トリプトファンが大切なんです。
トリプトファン⇒セロトニン⇒メラトニン
トリプトファンからメラトニンに変換されます。

 

必須アミノ酸であるトリプトファンは体内で生成できない以上は、サプリや食事から摂るしかありません。
トリプトファンを摂取しても、そのままでは脳には取り込まれません。
アルプミンという物質と結合して、因インスリンという物質が切り離す事によってはじめ脳に運ばれます。

 

脳内でセロトニンに変換されて、日中の間にセロトニンが増えて夜になるとそれがメラトニンに変換されてメラトニンが増えていきます。

 

セロトニンとメラトニンの関係性

 

セロトニンとメラトニンの分泌量は、正反対のリズムを持っています。
夜の9時頃からくらいから出始めて、夜11時くらいに眠気を換るレベルになります。

 

メラトニンは、夜中が高いレベルになって、朝方になると消失していき、セロトニンが増えていきます。

スムーズに寝るために(まとめ)

布団に入ってスムーズに寝るためには、眠るためのメラトニンを分泌させる事が大切です。
そのためには、その原料になる必須アミノ酸であるトリプトファンが重要になります。
必須アミノ酸なので、体内で生成する事が出来ませんし、トリプトファンだけをとっても100%の力で働いてくれません。
だから、必須アミノ酸9種類をバランスよく摂る事がスムーズに入眠するためのコツです。

眠りが浅く寝た気がしませんし何度も起きてしまう

質の良い睡眠をするためにはどうしたらいいのでしょうか?

質の良い睡眠をするためには、寝ている間に体温を下げる事が大切です。
そのためには、寝るときに体温を下げる事アミノ酸であるグリシンが効果的です。

眠りが浅く、度々起きてしまう事を中途覚醒、睡眠維持困難といいます。
眠りを深くするには、寝る前に体温を上げて寝散る間に体温を下げる事がポイントです。
寝ている間に体温を下げるのがグリシンの役割です。
当サイトでは、質のいい睡眠をするための一押しは、グッドナイト2700です。

 

▼グッドナイト2700 公式サイトはこちら▼

グッドナイト2700

グッドナイト2700とは?

水素サプリの中でも唯一の水素濃度が2.4ppmと非常に高いです。

水素の抗酸化作用だけでなくビタミンCとビタミンEの還元力を持っています。
また、11種類のビタミンをバランス良く配合しているので過剰摂取とならないように工夫がされている商品です。
初回限定で50%OFFで購入できるのもいいですね。

 

更に詳しくはこちら⇒グッドナイト27000 公式サイト

 

グリシンが睡眠の質を上げる

グリシンには、副交感神経を優位にしてリラックスさせる効果があり、グリシンを摂取してから寝ると寝ている間に体温を下げる事が出来ます。

 

実際に、軽症不眠症の人にグリシンを使った実験があります。
布団に入ってから眠るまでの時間はかかりませんが、寝てから途中で目が覚める回数が減る実験結果が出ました。

 

グリシンは、それだけでなく起きてから活動レベルにまで影響していました。
グリシンを摂取したら、深い睡眠がとれるようになるので、朝から元気でスッキリ起きる事が出来ます。

 

そのため、朝から集中力が上がり仕事がはかどる人が増えました。
仕事が出来る人は、朝から仕事をさっさと終わらせます。

 

というのは、午後からは誰でも仕事効率が落ちて大した仕事が出来ません。
だから、午前中で仕事を終わらせるのが出来る人の共通点でもあります。

 

グリシンを摂取するだけで睡眠の質が変わるので一度は試してみると良いと思いますよ。

寝ていると体温は1度下がります

人間は、眠るときに体温が急激に1度くらい下がります。
どうやって体温を下げているかというと、手足の末端に血流を流す事で、血液の温度を下げます。

 

温度が下がった血液を身体中に循環する事で体温を下げています。

 

睡眠の質が悪い人は、体温が下がりにくいのかもしれません。

 

また、湿気が多いと、汗が乾かないので手足の温度が下がらずに、体温を下げる事が出来ません。
だから、室内をドライに保つ事で睡眠の質を改善する事が出来ると思います。

 

また、睡眠不足の人には太っている人が多いです。
夜まで起きているために、食べてしまうからです。

 

夜に食べてしまうと通常よりも太りやすくなってしまいます。
そのため、太る人が多いです。
すると、血糖値が上がりやすい体質にもなるので注意が必要です。

 

健康診断で血糖値が高いと言われてたら血糖値を下げる方法を参考にしてください。

 

睡眠と血糖値ってなにも関係なさそうなんですが、実は関係があるので血糖値が高めの人は睡眠の質を意識しましょう。